2013年02月20日

ウォール街の買収王 - ヘンリー・クラヴィス

henry-r-kravis.jpg
(写真は、KKRホームページより)


ヘンリー・クラヴィス Henry Kravis(1944年1月6日生まれ)。KKR(コールバーグ・クラヴィス・ロバーツ)の創業者の1人です。コールバーグは後に健康上の問題と意見の対立から社を離れていますが、企業名には残っています。

KKRは米国最大の企業買収ファンドで、買収先企業の資産を担保に資金調達して企業買収を行うLBO(レバレッジド・バイアウト)という手法で数千億円〜数兆円規模の買収を何社も行っています。買収した企業に新たな経営者を送り込み企業価値を高めた上で再上場させたり、売却することで利益を得、ファンド出資者に収益配分を行うビジネスモデルです。KKRの収入源は売却利益に対する報酬ですが、なにしろ並のM&Aとは買収額・売却額のケタが違います。

個人総資産は40億ドル(約3800億円、1ドル=95円換算)とされ、「フォーブス」世界の億万長者番付(2012年版)で276位となっています。ちなみに同じくKKRの共同代表であるいとこのジョージ・ロバーツは、37億ドルで304位にランクされています。


************************************


"You only have one thing to sell in life, and that's yourself."

人生であなたが売れるものはただひとつ、あなた自身である


"Look, don't congratulate us when we buy a company, congratulate us when we sell it. Because any fool can overpay and buy a company, as long as money will last to buy it."

「企業を買収できても祝福をするな、祝福は企業売却時にせよ。誰か馬鹿なヤツが金があるからといって高買いすることがあるからだ」


"So I picked a field where I had a little exposure. Where I thought I could have an enormous challenge, and have a chance to really do some good, to be a pioneer in an area, and not just be like everyone else."

「私は自分がまだ手がけてない分野を選んだ。大きなチャレンジになるし、うまくやって、その領域でパイオニアとなり、皆を出し抜くチャンスがあるからだ」


"I want people who will stand up to me. People who are not afraid to say exactly what's on their minds, even though that's probably not what I want to hear. That's what I want."

「欲しいのは私に立ち向かえる人間だ。私が聞きたくないであろうことであっても、自分が思うことを恐れずに言える人間。そうした人間が欲しい。」


"It's not just buying the company. Sure, we picked the right companies, and we picked the right management and, most importantly, we've given them the right incentive to perform."

「(企業買収は)企業を買うだけではない。適切な企業を選びだし、適切な経営者を選ぶこと、そして最も重要なことは選んだ経営者のパフォーマンスを引き出すために適切なインセンティブを与えることだ。」
posted by カイト at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | M&A、LBO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

不動産王 - ドナルド・トランプ

donaldtrump_img.jpg
(写真は trump.com より)



ドナルド・トランプ Donald Trump (1946年6月14日生まれ)。アメリカの不動産王の1人で、総資産約31億ドル(約2945億円、1ドル=95円換算)で「フォーブス」(2012年版)の世界の億万長者番付では、第401位にランクされる大富豪です。

TV番組「アプレンティス」(WOWOWで放送中)は、参加者が2チームに分かれてトランプの出すビジネス課題を実践し成果を競い合う番組で、負けたチームの中の1人が"you're fired"の言葉とともにクビになることで空前の人気となったリアリティー番組です。アプレンティスの成功によりTV出演料が年間5000万ドル(約47億5000万円、、1ドル=95円換算)にのぼったこともあるそうです。

ドナルド・トランプの収入源は、経営するホテル、カジノ、ゴルフ場、不動産からの収入だけでなく、「トランプ」の名前をビルにつける権利(命名権)の権利収入、TV出演料など多岐に及びます。


************************************


"If you're interested in 'balancing' work and pleasure, stop trying to balance them. Instead make your work more pleasurable."

仕事と遊びのバランスをとろうなどと思うな。それより仕事をもっと楽しいものにしろ


"I wasn't satisfied just to earn a good living. I was looking to make a statement."

「よい暮らしを立てるだけでは満足しない。自分はこういう人間だということを示したいのだ」


"I like thinking big. If you're going to be thinking anything, you might as well think big."

大きく考えることが好きだ。何かを考えるなら、大きく考えることだ


"Money was never a big motivation for me, except as a way to keep score. The real excitement is playing the game."

金が大きな動機となったことはない、ビジネスのスコアであるという以外には。本当にエキサイティングなのは、ゲームをすることだ

"What separates the winners from the losers is how a person reacts to each new twist of fate."

「運命の転換にどのように対処するかが、勝者と敗者を分ける」
posted by カイト at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

スターバックス会長兼最高経営責任者ハワード・シュルツ

howardshultz.jpg


ハワード・シュルツ Howard Schultz(1953年7月19日生まれ)は、スターバックス創業者ではありません。

ゼロックスなどいくつかの会社を転職し、1982年にシアトルのスターバックスに入社していますが、当時はわずか4店舗を持つコーヒーショップに過ぎませんでした。

85年には独立してコーヒー(エスプレッソ)店を始めますが、わずか2年後の87年に400万ドルでスターバックスを買収し、その後急成長させています。

"Starbucks represents something beyond a cup of coffee."

「スターバックスが提供しているのはコーヒー以上のものだ」という彼の言葉は、スターバックスの成功の秘密を端的に示しています。

ハワード・シュルツの言葉には、彼の大成功の理由がはっきりと述べられています。


************************************


"I believe life is a series of near misses. A lot of what we ascribe to luck is not luck at all. It's seizing the day and accepting responsibility for your future. It's seeing what other people don't see And pursuing that vision."

「人生はニアミスの連続だと思う。私達が運と考えるものは、運でもなんでもない。今を生き、あなたの将来に対する責任を受け入れよ。他人には見えていないものを見、そのビジョンを追い続けることだ

あるいは、

"Expect more than others think possible. "

"Dream more than others think practical. "

"Risk more than others think safe. "

"Care more than others think wise. "

人が可能と思う以上のことを求めよ

人が達成可能と思う以上のことを夢見よ

人が許容できる以上のリスクをとれ

「人がこれで万全だと思う以上の注意を払え」

posted by カイト at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 創業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。