2013年05月13日

H&M会長 ステファン・パーソンは世界第12位の大富豪

Stefan_Persson.jpg

(写真は、http://www.svd.se/naringsliv/nyheter/sverige/hm-topp-rasar-mot-tv4-och-kalla-fakta_7770806.svdより)

ステファン・パーソン Stefan Persson(1947年10月4日生まれ)。世界最大のファストファッション・ブランド H&M の会長です。

H&Mの年間売上は2012年11月期で120,799,000,000スエーデンクローナ(約1兆8600億円、1スエーデンクローナ=15.4円換算)。ユニクロを展開するファーストリテイリングの年間売上が約9300億円弱(2012年)ですから、およそ2倍の規模になります。

ステファン・パーソンのH&M株式持ち分評価額は、2,013年3月現在で約280億ドル(2兆8000億円、1ドル=100円換算)となり、スエーデンでは第1位、世界12位の大富豪です。

パーソン会長は、近年では不動産投資家としても有名で、英国南部のハンプシャー州にある人口40人の小さな村リンケンホルトを購入したり、バーバリーやモスキーノ、バリーなどのブランドショップが並ぶパリ市内の1ブロックを丸ごと219億ドル(219億円、1ドル=100円換算)で購入しています。

さらに、数えきれない店舗用不動産を保有し、H&Mにリースを行い賃料収入を得ています。

とはいえ、莫大な資産のほとんどは父が1947年に創業したH&M株式の38%の持ち分に基づくものです。


*************************


"In our industry, being first in a market is not everything. Customer loyalty is. And loyalty is not won by being first. It is won by being best."

「我々の業界であっても、市場において迅速であることがすべてではない。顧客のロイヤルティこそがすべてだ。迅速さではロイヤルティは獲得できない。最上であることによってこそ獲得できる。


"We believe that no one should have to choose between price and quality, between price and fashion, between price and service."

「価格か品質か、価格かファッションか、価格かサービスかどちらかを選ばなくてはいけないということは断じてないと信じている。」


"You have to sow before you can reap."

「種をまかなければ収穫できない。」


"H&M never stops developing."

「H&Mが発展をやめることはない。」


"[In 1997] A store is more than a place to buy something. Today’s customers seek inspiration and experiences."

「(1997年の言葉)お店は何かを買うだけの場所ではない。今日の顧客が求めるものは、インスピレーションと体験である。」


"[On comparing H&M and Ikea in 2001] Ikea is very Swedish and promotes itself as a Swedish company. We do not."

「(イケアとH&Mを比較した2001年の言葉)イケアはとてもスエーデンらしい会社であり、スエーデン企業として売り込んでいる。我々はそうではない。」


"Cost awareness is... crucial if we are to survive..."

「コスト意識は・・・生き残りのため決定的に重要である・・・」


"What is the secret of our success? Primarily, it is the combination of fashion, price and quality that provide unsurpassed value to the customer."

我々の成功の秘密は何か?第一に、ファッション、価格そして品質を組み合わせることで顧客に比類ない価値を提供していることだ。


"Sure, we are aware of the [fashion] collections, but we look everywhere - to outrageous street fashions, to what people are wearing in normal situations, to clothing from other cultures, to what is worn in films and at parties and in pubs and restaurants. We are not creating fashion. With our volumes, it would be too risky to do that. But we are an independent force as a design unit. We take inspiration from life as we see it. And we differ from ivory tower designers because we are very people- and customer-oriented."

「ええ、もちろん(各ブランドやデザイナーの)コレクションは意識している、だがそれだけでなくあらゆる所を見ている - 過激なストリート・ファッション、人々の普段着、異なる文化圏の服装、映画やパーティでの衣装やパブやレストランでの服装とか。ファッションを創造することはしません。我が社の規模からみて、とてもリスキーだからです。とはいえ我が社で独自にデザインを行っています。我々がインスピレーションを得るのは見たままの生活からです。象牙の塔のデザイナーとは違い、人々そして顧客を志向しているからです。」


"Our goal is to provide better service and better quality without raising prices."

我々のゴールは、価格を上げることなくよりよいサービスとより高い品質を提供することである。


"We do not manufacture ourselves nor do we own any factories, but the fact that we are a major buyer gives us considerable influence."

「我々は自身で製造を行わないし、工場を一切持たないが、主要バイヤーであるという事実が大きな影響力をもたらしている。」


"H&M’s success is based on a high degree of decentralised decision-making and very strong central management."

H&Mの成功は、意思決定の高いレベルでの分散化ととても強力な本社マネージメントに基づいている。


"We have a flat organisation with very few levels between customers and management."

我々の組織はフラットで、顧客とマネージメントの間にはほんのわずかの階層しかない。


"Focusing on costs is another important aspect of our corporate culture... Every krona that we spend affects our prices and our business concept."

「コストに集中することは、我が社の企業文化のもう一つの重要な面である・・・たった1クローナの支払いさえも我々の価格やビジネスコンセプトに影響を与えるのだ。」


"[On the culture of H&M] It is the informality. Anyone can speak with anyone, there are no formal meetings. Common sense. The commercial sense. Instinctively what is right. Flexibility and speed. Cost awareness is also crucial if we are to survive with our idea of the best price-performance ratio. Each crown (dollar) that is spent unnecessarily, has ultimately affect the price and can threaten our entire concept."

(H&Mの企業文化について)それはインフォーマルさだ。誰でも誰とでも話をすることができる。公式な会議というのはない。共通の常識。コマーシャルなセンスだ。直感的に何が正しいかを分かること。フレキシビリティとスピード。コスト意識も重要だ、もし最高の対価性能という我々の理想を維持し続けようとするなら。不用意に使ったお金は1ドルであっても、最終的には価格にはねかえり我が社のコンセプト全体を脅かしかねない。」
posted by カイト at 13:27| Comment(3) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。