2013年02月18日

スターバックス会長兼最高経営責任者ハワード・シュルツ

howardshultz.jpg


ハワード・シュルツ Howard Schultz(1953年7月19日生まれ)は、スターバックス創業者ではありません。

ゼロックスなどいくつかの会社を転職し、1982年にシアトルのスターバックスに入社していますが、当時はわずか4店舗を持つコーヒーショップに過ぎませんでした。

85年には独立してコーヒー(エスプレッソ)店を始めますが、わずか2年後の87年に400万ドルでスターバックスを買収し、その後急成長させています。

"Starbucks represents something beyond a cup of coffee."

「スターバックスが提供しているのはコーヒー以上のものだ」という彼の言葉は、スターバックスの成功の秘密を端的に示しています。

ハワード・シュルツの言葉には、彼の大成功の理由がはっきりと述べられています。


************************************


"I believe life is a series of near misses. A lot of what we ascribe to luck is not luck at all. It's seizing the day and accepting responsibility for your future. It's seeing what other people don't see And pursuing that vision."

「人生はニアミスの連続だと思う。私達が運と考えるものは、運でもなんでもない。今を生き、あなたの将来に対する責任を受け入れよ。他人には見えていないものを見、そのビジョンを追い続けることだ

あるいは、

"Expect more than others think possible. "

"Dream more than others think practical. "

"Risk more than others think safe. "

"Care more than others think wise. "

人が可能と思う以上のことを求めよ

人が達成可能と思う以上のことを夢見よ

人が許容できる以上のリスクをとれ

「人がこれで万全だと思う以上の注意を払え」

posted by カイト at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 創業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/323529057

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。